保湿だけじゃない!ベビーオイルの意外な使い方

 

ブログ画像

こんにちは(*´∀`)LOVEFACEです!

今日はベビーオイルについてお話しますね♪

〇ベビーオイルの成分って?

主なべビーオイルの成分はミネラルオイル(鉱物油)と防腐剤になります。
ミネラルとはいえ鉱物油と聞くとちょっと不安を覚えますね。鉱物油は石油を原料とした純度の高いオイルになります。

現在この鉱物油はほとんどの化粧品に用いられ安全性の高さはしっかり確認されています。
鉱物油の特徴としては肌の表面に油膜を張り刺激から守ってくれ、肌の内部までは浸透しませんので鉱物油が肌に与える影響もありません。

鉱物油以外の原料で作られているべビーオイルもあります。
植物性のオイルはホホバオイルやオリーブオイル、ひまわりオイルなどもありますね。オーガニック専門店などで購入ができますよ。

〇ベビーオイルは万能オイル!使い方いろいろ

ベビーオイルは臭いも癖もなく、少量でも保湿効果が実感できる便利なアイテムです。

おすすめの使い方をご紹介しましょう。

■いつもの洗顔料にプラス

洗顔後の保湿剤としても使えますが、美容液が揃っている場合は今使っている洗顔料にプラスしてみましょう。
洗い上がりからツッパリ感が消え、サッパリするけど潤っている感覚が体験できます。
オイルを1滴で十分です!

■パウダーメイクにプラス

パウダーファンデーションを塗る前にベビーオイルを薄く伸ばしておくと肌なじみが良くなり、よりナチュラルな透明感が作れます。
オイルを取り入れると伸びも良くなりますから、思い通りに色が乗せられます。

■パサつきがちな髪のケアに

ベビーオイルをシャンプーに混ぜて使うと洗う時のきしみ予防になり、洗い上がりにそのまま塗れば乾燥防止にも使えます。
艶のある髪に仕上がります。

■お掃除にも使える

毎日の手洗いなどで汚れたステンレス製の蛇口のお掃除にも使えます。
水垢汚れはベビーオイルを含ませた布でササッと拭くだけでピカピカになります。

他にも皮革製品のお手入れやマッサージをするときの潤滑剤としても使えます。

〇ベビーオイルの使用期限

万能オイルでも使用期限内に使わないと肌トラブルを招いてしまうかもしれません。
ミネラルオイル(鉱物油)が原料のものでも一度開封したら3カ月を目安に使い切るようにしましょう。

ぜひ参考にしてみて下さい(´∀`*)

©2014- TIAST All rights reserved