喉が痛くなった時の治し方!

おはようございます(*´ω`*)

特に季節の変わり目や、空気が乾燥してきた時など注意が必要です。今回は、風邪や空気の乾燥で喉が痛くなった時の対処方法を紹介します( ̄▽ ̄)♪

部屋の湿度を上げる
まずは乾燥した部屋で就寝するのを避けましょう。喉の痛みの原因は菌が繁殖し炎症を起こしていることが原因です。
空気が乾燥してきたなと感じたら加湿器を使用しましょう!加湿器がない人は濡れタオルや水を張った洗面器を置くだけでもかなり違います。

マスクをつける
喉が痛くなってきたなと感じたらマスクの着用をオススメです!マスクをつけることで、自分の吐息で喉が加湿されますので、菌が繁殖し難い環境を作ることができます!

首を温める
風邪を引いてきたな、喉が痛くなってきたなと感じたら首や喉の周りを温めてあげると良いです!患部を温めてあげることで、菌の繁殖を防ぐことが出来ます(^-^)

口呼吸をしない
普段、口呼吸をしている人は注意が必要です。口呼吸をすると、細菌を直接取り込む+乾燥した空気を取り込んでしまいます。その点、鼻呼吸は鼻毛などが細菌をブロックしてくれます。乾燥した空気を直接取り込むわけではないので、口呼吸よりも喉が痛くなるリスクを減らすことが出来ます(´∀`)

のど飴で緊急対策
就寝中の加湿などを気にしていても喉が痛くなることはあります。そんな時は、のど飴で緊急対策をしましょう。
自分の好きなのど飴でももちろんOKですが、龍角散のど飴など昔ながらののど飴は長く支持されていることもあり、効きが違います。のど飴を舐めることで喉の痛みを緩和することができます☆

うがいをする
帰宅した際はうがいをする習慣をオススメします。喉に溜まっている雑菌を一掃してくれ、喉の痛みだけでなく風邪の予防にも一役買ってくれます。カテキンや塩水には殺菌効果があるので、通常の水を使ってうがいするよりもより効果的です!

薬を服用する
喉の痛みは風邪の引き始めのサインとも言えます。すぐに治したい人は市販の西洋薬を、副作用が気になる人は漢方薬という選択肢もあります☆

喉が痛くなったらここで紹介した応急処置を施すと痛みが軽減されます!ぜひ参考にしてみて下さい(*´∀`)!

©2014- TIAST All rights reserved