少ないアイテムでメイク直し&上級テクニック♪

 

ブログ画像

おはようございます☆
LOVEFACEです(*´ω`)♪

素早くキレイを取り戻すには、どれだけメイク直しが上手くできるかが重要となります!
今日はメイク直しの必須アイテムとテクニックをご紹介いたします(*^^)v

ティッシュとルースパウダーで簡単!「ベースメイクの直し方」
■必須アイテム
・ティッシュ
・ルースパウダー
・コットン
・乳液
・ファンデーション

≪皮脂崩れの直し方≫

1、皮脂が浮いている部分をティッシュオフします。

2、ルースパウダーをパフで薄くのせて完了です。

皮脂が浮いてしまっただけの場合は、この程度でOKです。

この時、あぶらとり紙やパウダーファンデーションを使ってしまうのはNG。

あぶらとり紙は皮脂を摂り過ぎるので、かえって乾燥による皮脂増加を招いてしまいます。

そして、ファンデーションにファンデーションを重ねるのは控えましょう。

毛穴落ちなど見た目の悪さに繋がってしまうので、軽くてキメの細かいルースパウダーを使うのが正解です♪

≪チークの直し方≫
■必須アイテム
・ティッシュ
・チークアイテム

1、頬を軽くティッシュオフします。(乾燥が気になる時は省いてもOK)

2、ルースパウダーを薄くつけてから、チークを重ねましょう。

この場合も、持ち歩くものを少なくする方法があります。それが、コットンを使う方法です。

まず、軽く毛羽立たせたコットンでチークを擦り取りましょう。これを内側に折り畳み、メイク直しの際に、チーク面を表にして頬にポンポンと叩き込み馴染ませます。この方法を使うことで、濃くつきすぎないというメリットを得られます。

さらに、このようなコットンを準備しておくことで、チークとチークブラシの役割を果たしてくれるため、この2つのアイテムを持ち歩く必要がないところも便利ですよね!

さらにルースパウダーと重ねることで、持ちが良くなります♪

クリームチークの場合は、ルースパウダーの前につけると◎

メイク道具の持ち歩きを工夫することで、より快適にメイク直しが行えます。例えば、ソフトコンタクトレンズのケースに乳液やリキッドファンデを詰め替えて持ち歩くと、かさばらないだけでなくとても便利です。メイク道具の持ち歩きに悩んでいる方は、ぜひ一度試してみて下さいね(*^-^*)♪♪

©2014- TIAST All rights reserved