火鍋の効果♪

おはようございます(^ω^)♪

今日は辛い~!火鍋の薬膳的効果をご紹介します(*´▽`*)!

〇火鍋とは
辛味の強い中国式鍋料理!
中国人の食文化において広く知られる辛味の強い鍋料理みたいです!

〇火鍋には何が入っているの?
私たちがお店などで目にしてイメージする火鍋は、
「白湯(パイタン)」と「麻辣(マーラー)」の2種類からなる鍋です。
麻辣の方が辛く、白湯は鶏などでダシをとり、そこに食材を入れて食べます。

・共通して入っていることの多い4つの食材
クコの実
棗(なつめ)
龍眼肉(りゅうがんろう)
党参(とうじん)

特に、クコの実と棗に関しては、日本で売られている火鍋セットや日本で食べられる火鍋専門店にはだいたい使われている食材です。

〇火鍋の美容効果
クコ
「潤い(陰)」を補ってくれる

棗(なつめ)
「陽」と「気」を補ってくれる

龍眼肉(りゅうがんろう)
「血」を補ってくれる

党参(とうじん)
「気」を補ってくれる

〇代謝を上げながら、バランスの取れた食材の摂取ができる!
この4つだけでも「陰」「陽」「気」「血」をバランスよく補ってくれています。
そして、これらの食材が使われているお鍋にたくさんのお野菜が使われますので、身体の調子が良くなり、気血の巡りが良くなって代謝も上がります。
食べた後、お肌の調子が良いと感じるのは、代謝を上げながら、バランスの取れた食材の摂取ができるからでしょう。

〇火鍋を食べるときの注意点
お店によっては入っている薬膳食材のほとんどが身体を温めるパワーが強いものが多いことがあります。そして、火鍋には羊肉が使われる事が多いようです。
羊肉は、お肉の中でもダントツで身体を温めてくれます。
「ほてり・のぼせの強い方」「吹き出物が出ている方」は、麻辣は控えめにしましょう!
温めるパワーの強いお鍋を「ほてりやのぼせの強い方」や「吹き出物がたくさん出ている方」が食べてしまうとその「ほてりやのぼせ」、「吹き出物」の症状が強く出てしまうケースがあります(´>ω<`)

そんな症状をお持ちの方が火鍋を食べる時は、麻辣より白湯の方をたくさん食べることをおすすめです(^ω^)☆

火鍋セットの中には、薬膳食材が一切入ってないものもありますので、ご購入の際にはきちんと中身をチェックしてくださいね(*´∀`)!

©2014- TIAST All rights reserved