組み合わせで効果倍増!栄養は効率よく食べて摂ろう

 

ブログ画像

こんにちは!LOVEFACEです(´`)♪

普段何気なく摂る食事ですが、それぞれに特長のある栄養が備わっています。
栄養素同士は一緒に食べるとお互いの効果を高め合う働きのものがあります。

どんな組み合わせでどういった効果が得られるのか、また食べ物の効果や食べ方についてもご紹介します!

〇「医食同源」疲れた時に摂りたい栄養と食べ方
毎日3回の食事は欠かさずにきちんと食べる必要がありますが、同時に疲労回復を早められたら嬉しいですね。

■ビタミンB1を含む「豚肉」

疲労回復には豚肉がオススメです。
ビタミンB1が豊富な上、炭水化物に分類されるだけあって身体を動かすエネルギーとして活力も補えます。

ビタミンB1は豚肉以外に鶏肉や大豆製品などにも多く含まれていますが、ビタミンB1にクエン酸をプラスすると相乗効果が生まれ、疲労回復を助けます。

■クエン酸を含む「柑橘類」

クエン酸は柑橘類に多く含まれています。
クエン酸自体にも疲労回復に必要な成分が多く含まれ、疲労によりダメージを受けた細胞を活性化させる働きを持っています。

レモン・オレンジ・グレープフルーツ・キウイなどの果物や、酸っぱい食材の梅干しやお酢などにも含まれています。

■リコピンを含む「トマト」

もっと手軽に疲労回復の助けとなる食べ物としては、トマトもオススメです。
クエン酸も多く疲れが溜まると発生する活性酸素も、トマトに含まれるリコピンの抗酸化作用によって除去できます。
美容と健康に良いトマトは生でも加熱して料理に使っても、ジュースにしても毎日摂りたい栄養のひとつとなっています。

〇【症状別】効果が得られる食べ物や食べ合わせ

■冷え症

冷え性には納豆×玉ねぎが身体を温めるのに効果的です。
納豆が血液をサラサラにし玉ねぎには血行促進効果がありますから、身体の内側からアプローチができます。

■汗かき

水分や食物繊維を多く含む野菜や果物を意識して摂りましょう。
汗をかくからと言って水分を控えるとかえって臭いを含む汗となってしまいますから注意したいですね。

■貧血

疲れやすくなったり、立ちくらみを繰り返す時はイチゴ×チーズで予防ができます。
チーズに含まれるビタミンB12は造血作用があり、イチゴに豊富なビタミンCはB12の働きを促進してくれます。

いかがでしたか?ぜひ参考にしてみて下さいね(*´ω`*)

©2014- TIAST All rights reserved