美容オイルの使い方~夜のスキンケア編~

ブログ画像

こんにちは(*´∀`)LOVEFACEです☆

美容オイルには様々な使い方がありますが、その中でも一番基本的ともいえるのがスキンケアの最後に使う方法ではないでしょうか?
今回は、夜のスキンケアに美容オイルを使う方法について紹介します☆

〇どうやって使うの?

メイク落とし→洗顔→化粧水→美容液と通常のお手入れをした後、最後に1滴の美容オイルを顔全体に伸ばします!

化粧水の水分がまだ肌に残っている内にオイルを塗ると肌なじみが良く、1滴のオイルでも伸ばしやすいですよ。
お手入れの最後にオイルを塗ることで、肌の保湿力がアップし、余分な皮脂の分泌を抑えてくれる効果があります。

なお、オイルは酸化しにくく保湿効果の高いホホバオイルがオススメです。
肌なじみが良くオイル特有のベタベタ感が少ないのでサラッとした使い心地で、オイル初心者でも使いやすいのも魅力的!

その他、美白やシワ対策にはアルガンオイル、保湿・美白効果が高いのはローズヒップオイル、アンチエイジングにはマカデミアナッツオイルが効果的なので慣れてきたら色々と試してみるのも良さそうですね。

〇どんな肌質の人に向いている?

スキンケアの最後に美容オイルを塗る方法は、潤いも皮脂量も多い脂性肌の人に向いています。
普通肌の人もOKでしょう。
逆に、水分量も皮脂も少ない乾燥肌の人や水分量は多いのに皮脂量が少ないインナードライ肌や混合肌の人にはあまりオススメできません。

〇塗り過ぎには要注意!

基本的に美容オイルは1滴で十分です!
脂性肌の人の場合は塗りすぎてしまう心配はあまりないかと思いますが、それでも1滴だけじゃ少なすぎない!?と思う方もいるでしょう。
しかし、人の肌にはもともと皮脂が備わっているので美容オイルを塗りすぎてしまうと肌が本来持っている水分と油分のバランスが崩れてしまうのです。
そうすると肌がベタベタしてニキビの原因になったり、毛穴に角栓が詰まって黒ずみができてしまったりと、肌トラブルにつながってしまいます。

更に、常に多量のオイルが肌の上にあると、肌自身がもつ保湿機能が働きにくくなってしまうことも(^_^;)
乾燥がひどい人の場合は2、3滴塗ってもOKなケースもありますが、基本的には美容オイルは1滴だけ!を心に留めておいてくださいね。

ぜひ参考にしてみて下さいね(*´ω`*)

©2014- TIAST All rights reserved