背中ニキビをやっつける方法!

ブログ画像

こんにちは、LOVEFACEです♪

背中ニキビは、顔と違い一度できると治りづらく、何度もくり返しできてしまいがちです(+_+)
今回は、そんな背中ニキビの原因と対処法をご紹介します。

背中は、顔と同じように体の中でも皮脂腺が多く存在している場所です。そのため皮脂の物量が多く、ニキビができやすいのです。予防&改善方法は、皮脂の分泌量を整えるために、しっかりと洗い清潔に保つこと!見落としがちな原因とそれぞれの対策をチェックしてみましょう☆

原因1: 背中の洗い方に問題あり

背中ニキビがあると、ゴシゴシとこするように洗いたくなりますが、これもニキビを増やす原因のひとつです。また背中ニキビで悩んでいる方に多いのが、入浴時に使っているタオルやせっけんが合っていないというケースです。いくら強くこすってもニキビが治ることはなく、それどころかニキビ痕やシミになってしまうこともあるので要注意!

対処法は?

背中ニキビに効果的なのは、お肌への刺激が少ない「綿タオル」。ソフトな素材を選んで、やさしく丁寧に洗いましょう。

原因2: ボディソープの油分が強すぎる

ポンプを押してだすタイプのボディソープは、泡立ちがよくて使いやすいです。けれども洗いあがりにしっとり感を残すために、「油分」が配合されています。たしかに潤い感はアップしますが、ニキビが気になるときには避けたほうがいいでしょう。

対処法は?

無添加系の固形せっけんを使って、お肌の皮脂バランスを整えます。できるだけナチュラルなものを選んで下さい。

原因3: 汗を吸いとらない下着や洋服を着ている

汗をたっぷりかく季節、下着やインナーについた汗を長時間着用していると、雑菌が繁殖して背中ニキビの原因になります。改善のためには、インナーや洋服の素材にもこだわりましょう。

対処法は?

汗はこまめに拭いて、背中に直接触れるインナーは綿素材が◎。通気性がよく、汗をしっかりと吸収、そして肌触りがいいものを選ぶことがポイントです。

上記のことだけでなく、シャンプーやリンスを洗い流す際に、背中に油分が付着してできる背中ニキビもあります。洗髪後に体を洗う習慣を意識してみることも推奨されています。紫外線も原因のひとつなので、これからの季節はUVケアも忘れずに!

LOVEFACE スタッフ

©2014- TIAST All rights reserved