表情ジワの原因と改善方法!

ブログ画像

おはようございます!♪♪

表情ジワとは、笑ったときの目尻や、驚いて眉を上げたときの額のシワなど、表情ごとに作られるシワのことです。加齢とともに、元の表情に戻しても、シワの癖がついてしまいそのまま消えなくなってしまいます。

今日はその原因と対策をご紹介します(^^)/☆

■表情ジワはなぜできるの?

若い頃は、顔をくしゃくしゃにして笑っても、表情を戻せばシワのないハリのある状態に戻ります。
なぜなら肌の形状記憶力が正常に機能しているからです。
形状記憶力は、表皮の下にある真皮という層で保たれています。真皮の層でコラーゲンとエラスチンが働いているのです。

コラーゲンは水分を溜め込み、酸素を補給し、老廃物を取り除いたり、肌の弾力を維持する上で非常に大切な成分です。

エラスチンは、コラーゲンの網目状の部分に絡みついて、コラーゲンを支える役割を果たします。
真皮層に含まれるコラーゲンとエラスチンの量は20代がピークで、それ以降は年齢とともに減少傾向にあります。

長年浴びた紫外線により蓄積されたダメージがコラーゲンを変性させてしまったり、ストレスや生活習慣などで多量に発生した活性酸素が、コラーゲンとエラスチンのつながりを壊してしまいます。
その結果、真皮の水分量が失われ、肌の形状記憶力が弱まり、表情をつくる際にできるシワが戻らなくなるのです(*_*)

■表情ジワの改善方法

・自分の表情を意識する

笑顔を作るときに無理に顔に力をいれると筋肉が必要以上に働き、シワが寄ってしまいます。また笑顔だけでなく、しかめっ面などでも、顔の筋肉は無理に働き、肌にストレスがかかっていることが少なくありません。

無理な表情をしていないかに意識をむけ、自然な表情を心がけましょう!
キレイな姿勢を身に付けると、余計な部分にシワが寄りづらくなります。

・真皮層の水分量を保つ生活を
コラーゲンやエラスチンをよく機能させるために、紫外線に気をつけ、外出するときは日焼け止めを塗りましょう。また睡眠をしっかりとる、煙草を吸わないなど、生活習慣の乱れにより肌がストレスを受けないように気をつけましょう。

これからの季節はお肌が乾燥しやすくなりますので、お肌にたっぷりと栄養補給と保湿をして潤いを保っていきましょうね(*‘ω‘ *)♪

LOVEFACEスタッフ

©2014- TIAST All rights reserved