質のよい睡眠が美容をサポート!

ブログ画像
こんにちは!LOVEFACEです♪

美しく健やかな肌を保つために、美容に役立つ睡眠習慣をご紹介します(*´▽`*)

〇睡眠と美容の深いカンケイ

健やかな肌づくりなど、美容に欠かせない「成長ホルモン」は、夜寝ているあいだに分泌されます

10代の頃と比較すると、50代における成長ホルモンの分泌量は約3分の1以下。だからこそ、肌の再生を促す成長ホルモンがスムーズに分泌されるよう、質のよい睡眠をとることがとても大切なのです。

〇質のよい睡眠で毎日の美容をサポート

心地よい眠りを誘うホルモン「メラトニン」は、朝起きて太陽の光を浴びてから約15時間後に分泌されます。つまり、朝6時に起きる人であれば、21時くらいにメラトニンの分泌が始まるということ。その約1~2時間後に自然な眠気が訪れます。

お休みだからとカーテンを閉めて朝寝坊していると、体内時計が乱れ、夜の睡眠に影響してしまいます。平日・休日にかかわらず決まった時間に起きて、朝の光を浴びましょう!

また、昼寝は長くても30分までにおさえること。15時以降に昼寝をすると、夜の睡眠に影響するので注意が必要です!

早寝早起きが理想ですが、早く寝ようとするとかえって寝つけなくなるもの。まずは、早く起きることを目標にしてみましょう。

〇睡眠美容をさまたげるNG習慣にご注意を

質のよい睡眠をとって美容に役立てるうえで気をつけたいのが、次のような習慣です。

・寝る前にカフェインを摂取する。
・寝酒を飲む。
・寝る前に悩み事や心配事について考えてしまう。
・寝る直前までスマートフォンやパソコンを使う。
・おなかがすいて、つい夜食をとってしまう。

眠れなくてお酒を飲んでしまう人もいるかもしれませんが、飲酒によって眠りが浅くなったり、夜中トイレに行きたくなったりして睡眠の質が低下します。また、スマートフォンなどの強い光を浴びると、自然な眠気が訪れるのをさまたげてしまうのも気になるところ。

肥満を防ぐためにも、食事は寝る3時間前には済ませて、やわらかな光の下でリラックスした時間を過ごすといいですね。

自分に合った方法を取り入れて、毎日の睡眠を美容に役立て見て下さいね(*´ω`*)

©2014- TIAST All rights reserved