青みを入れて冬にぴったりの上品メイクに!

 

ブログ画像

こんにちは♪LOVEFACEです(*’ω’)

冬にどんな種類の『青』を使うと上品メイクに仕上がるのか、アイメイクを中心に紹介していきます!

〇青みの入ったアイメイクは日本人に合う?

夏になると青みを入れるアイメイクをよく見かけますね。
寒色の青みをアイメイクに入れることは、夏でも涼しいイメージがありオシャレな感じがします。
では本来、日本人には青みの入ったアイメイクは似合うのでしょうか?

実は日本人の髪・目・肌の色には、茶色と同様に青が馴染みやすいのです。
ネイビーなどの落ち着いた青が日本人にはとても良く合います。
ネイビーを使ったアイメイクは大人っぽくてオシャレに仕上がりますので、季節を問わずネイビーを使ったアイメイクに挑戦してみてください。

〇メイクに青みを入れるならアイシャドウ?

青みの入ったアイメイクに挑戦するなら、アイシャドウが一般的と思われがちですが、ネイビーのマスカラを使うのもおすすめです。

派手すぎずに、大人っぽさや上品な印象を与えるネイビーマスカラ。
目元が優しくなり、瞳をきれいに見せる効果があります。

他には、ネイビーのアイシャドウやアイラインを目尻に使うだけでも印象が変わります。

ネイビーシャドウは目尻にいれるだけで目元がぐっと引き立つので、目の周りを囲んでしまわないように注意してください。
かすかにネイビーを入れることで上品できれいな目元が作れますよ。

マスカラやアイライン、アイシャドウを上手く使い分け、大人女子の上品さを演出するアイメイクに仕上げたいですね。

〇冬の上品メイクにはやっぱりネイビーがおすすめ

夏おすすめのアイメイクカラーは淡い色のペールブルー。
パステルカラーよりもさらに淡くしたカラーでとても涼しい印象になります。
夏にはぴったりのアイメイクカラーですね。

冬おすすめのアイメイクカラーは少し落ち着いた感じと上品さのあるネイビー。
ネイビーカラーのアイメイクを引き立たせるために、チークなどはネイビーカラーを邪魔しない色を選ぶことが大切です。
ピンクやローズ系のチークを薄めにつけ、口元はピンクの口紅に水色グロスを重ねるのもオススメです♪

今年の冬はネイビーメイクでまわりと差をつけ、上品メイクを始めてみませんか?(*’ω’)

©2014- TIAST All rights reserved