鮭の栄養成分と効果!

 

ブログ画像

おはようございます(/・ω・)/♪

今日は鮭の高い栄養効果についてお話ししますっ☆

〇鮭の高い栄養価!
鮭に含まれる栄養成分はタンパク質、DHA、EPA、ビタミン類、アスタキサンチン、セレン、リン、コラーゲンといったものが含まれています。これらの栄養素は人間の身体を作るのに非常に重要な栄養素です!

鮭の皮にはフィッシュコラーゲンと言われる良質なコラーゲンが含まれていて、皮のすぐ下の脂質にはDHA、EPAが含まれています☆

〇鮭の栄養成分はどんな効果が?
・アスタキサンチンによる抗酸化作用
アスタキサンチンは、βカロテンの100倍、ビタミンCの6000倍、ビタミンEの1000倍もの強力な抗酸化作用があると言われています。
疲労回復や肌のしわ形成の抑制、肌荒れ改善、生活習慣病の予防なども◎

・DHAとEPAで脳の活性化や病気予防
DHAは悪玉コレステロールの減少だけではなく、脳の活性化を促してくれる効果があるのだとか!EPAは血中の中性脂肪を現象させ、血小板が血管内で固まるのを防ぐ作用があると言われています。

・セレンで活性酸素を分解
鮭に含まれるセレンによって活性酸素を直接分解する働きまであると言われています。また、ビタミンEと一緒にとるとセレンの働きがより効果的になるそう!

・ビタミン類で健康効果
鮭にはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンEといったビタミン類を摂ることができます。ビタミンAは粘膜を保護する働きがあるので、風邪予防が期待できます!またビタミンB群が豊富で、成長促進、血流改善、胃腸障害を和らげるといった作用が期待できると言われています。ビタミンB群はまとめて摂った方が効果的と言われており、ビタミンB群全てを含んでいる鮭は非常に優秀な素材です★
また、ビタミンDはカルシウムの吸収促進が期待でき、ビタミンEは毛細血管を拡張させて血流を良くしたり、コレステロールを下げたりする効果が期待されています( ´艸`)♪

鮭を食べるときは、皮ごと食べてみましょうね(*´ω`*)♪

©2014- TIAST All rights reserved