6時間睡眠じゃ足りてないって本当?!睡眠負債!?

 

ブログ画像

おはようございます☆(*^▽^*)

最近メディアでよく取り上げられている「睡眠負債」という言葉をご存知でしょうか?

自分では「十分寝ている」と感じでいても、日々の睡眠不足が蓄積られ、もしかしたら体は睡眠不足に陥っているかもしれません(^0_0^)

【寝不足が借金みたいに蓄積される?睡眠負債とは】
睡眠負債とは毎日の寝不足が少しずつ蓄積され、まるで借金のように積み重なる状態を指す言葉です。
この蓄積された寝不足は自分でも気づかないうちに脳のパフォーマンスを低下させたり、認知症や脳梗塞、がんなど、深刻な病気のリスクが高まることが最新の研究で解明されてきました。

皆さんは一日何時間睡眠をとっていますか?

【睡眠負債が増えると・・・】
例えば、8時間睡眠が必要な人が6時間しか睡眠をとらずに一週間過ごすと、集中力や作業効率が1日徹夜し状態と同じになると言う実験結果が出ています。さらに、6時間睡眠を2週間続けると丸2日間徹夜した時と同じ状態まで脳のパフォーマンスが落ちると言う結果もあるようです。

毎日少しずつ睡眠が足りていないなら、休みの日に寝だめすればいいのでは?と思うかもしれませんが、これは睡眠のリズムが狂ってしまいかえって良くないと言われています!

【睡眠負債を解消すればいいのでしょうか?】
それは、毎日コツコツと睡眠時間を増やすしかないようです(;´Д`)

1週間のうち数日だけでも7時間睡眠を確保できる日を作れるようにすると、睡眠の借金はコツコツ返すことが出来ると言われています。

昼寝も有効的とは言われていますが、昼寝では睡眠負債を解消出来るほど十分な睡眠時間を確保する事ができないため、やはり夜にしっかりとした睡眠時間を確保する事をおすすめします。
また、多くの方が寝る前にしている習慣が睡眠負債を悪化させてる事もありますので気を付けて下さいとのこと!

忙しい毎日でつい睡眠時間を削ってしまっている方は、知らず知らずのうちに睡眠負債に陥っているかもしれません。

睡眠は人間にとって非常に大切なものなので、おろそかにせずしっかりと睡眠時間を確保してくださいね(/・ω・)/

LOVEFACE

©2014- TIAST All rights reserved