O脚になるとどうなるの?~原因と対処法~

ブログ画像

こんにちは(*´∀`)LOVEFACEです♪

O脚で悩んでいる方が多いと思います!今日はその原因と改善法を紹介したいと思います♪

〇O脚ってどんな脚の状態?問題点は?

O脚とはかかとをくっつけて立ったときに、足首・ふくらはぎ・膝・太ももの間に隙間が空いてしまう脚の状態を言い、左右の脚がどちらも外側にカーブしているように見えます。

見た目だけの問題ではなく、普通の脚の形の人に比べると以下のような問題点があります。

疲れやすい
腰痛
関節痛
脚のむくみ
冷え性
下半身太り
不妊症
などなど…

〇O脚の原因は何?生活習慣は関係ある?

■姿勢や立ち方の悪さ

姿勢や立ち方が悪いと骨盤が歪みそれと共に大腿骨がねじれてO脚になります。
毎日同じ脚だけを組む習慣が付いている人や、立っているときにいつも同じ片側に重心を置いている人、猫背の人は骨盤が歪んでいる可能性がありますので、常に姿勢をよくすることを心がけ、片脚だけに重心を置くことはやめましょう。

■間違った歩き方

内股やがに股などの歩き方は股関節がねじれてO脚になります。
ペンギンの様に足裏を後ろに蹴らないで小股で歩くペタペタ歩きは重心が踵にあるため骨盤が後ろに傾いてしまいます。猫背で歩く方も骨盤が歪んでO脚になります。

〇O脚を治したい!対処法は?

■常に脚を揃える

常に脚を揃え、体の重心は両脚にかけるように意識して立つような習慣をつけるとO脚は改善していきます。

■つま先は真っ直ぐに歩く

O脚の人はつま先が外か内を向いて歩く人が多いので、つま先は真っ直ぐに正面を向けて歩くようにします。足指パットを使うと重心の使い方がうまく行くので正しい姿勢で歩くことができます。

■柔軟体操をする

前屈と開脚の柔軟体操はO脚に効果があります。前屈はももの筋肉が伸び、開脚は股関節を柔らかくし歪みを直してくれます。
前屈は場所を選ばずにできるのでこまめに行いましょう。

■ふくらはぎ内側に筋肉をつける

O脚の人はふくらはぎ外側に筋肉がついていますが内側にはついていないことが多いので、立ったままお尻を思い切り引き締め、脚全体も内側に引き締めるようなストレッチを取り入れ、同時に発達した外側の筋肉をテニスボールなどを使ってほぐして内側と外側の筋肉バランスを整えましょう。

いかがでしたか?ぜひ参考にしてみて下さい(*´▽`*)

©2014- TIAST All rights reserved